賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸住宅を選ぶ時には、住みやすさも当然重要視していきますけど、安全性も重要視していく事が必要です。そこで、大きな川や海の近くにある賃貸物件を選ぶのは控えるようにします。この理由は簡単で災害時の水被害を避けるためです。例えば台風などが来て、大雨や暴風などが起こりますと川が氾濫してしまう危険性があります。すると、川水が大量に道路や住宅街に流れ込んでくる可能性があります。大きな川の近くに住んでいるとその水被害に巻き込まれてしまう可能性があります。特に一階部分に住んでいる人は床下床上浸水の被害にあう可能性が高くなります。もちろん、大きな川が氾濫して水が流れ込んでくるのはめったにおこらないですけど、万が一の事を考えると控えます。

次に海ですけど、台風がくると高潮の被害がでてきます。海の近くの賃貸物件に住んでいるとこの高潮の被害にあってしまう可能性があります。海水という事もあり、被害は深刻なものになってきます。また、大きな地震が起こると津波の被害にあう可能性もあります。海の近くの賃貸物件に住むのはできれば控えるようにします。このように水の被害にあわないためにも大きな川や海の近くの賃貸物件ではなくて、少し離れた賃貸物件を選びます。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.