賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

土地の賃貸をするときは定期借地権契約が便利なこともあります

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
土地を持っている場合には、何かに利用しないともったいないです。そこで、様々な土地活用方法が候補として考えられます。マンションやアパートを建てて経営することも1つの方法ですし、駐車場として利用することも人気のある活用方法のひとつです。そして、またシンプルな方法として、そのまま賃貸するという方法もあります。しかし、この土地のまま賃貸するという方法を選択する場合は注意しなければいけないことがあるのです。

それは、賃借人がその借地に家などを建てた場合が典型的な例になります。その賃借人のその土地に対する借地権がとても強いものになってしまうのです。そうすると、自分が利用したい時、または、親族などに利用させたい場合に明け渡しを要求できなくなってしまうのです。土地を貸す場合は、こうなることを十分想定しておかないと後で困ることになります。ちなみに、このような事態を防ぐ1つの方法として定期借地権契約というものもあります。これは、あらかじめ契約期間を決めておいて、その期間が満了したら、その土地の明け渡しを受けるというものです。つまり、契約の更新というものがないわけです。この契約なら、契約期間が満了すれば、必ず土地は返ってくることになります。

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.