賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

建物完成前は賃貸借予約契約で貸主はリスクを排除できます

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸借予約契約というものがあります。これは、その契約の目的となっている建物がまだ完成していないうちに結ぶものです。そして、その建物が完成した時に、その予約権を完結させるという形で賃貸借契約を結ぶというものです。新しく建物を建設して、入居者を募集するという場合に非常に便利な契約方法ですので、マンション経営などをはじめようと考えている人は知っておくべきことだといえます。

この契約方法が、力を発揮する場面としては、建物はまだ完成していないけれども、入居者の募集を始めたいという場合です。そうすることで完成した時に、すぐに入居してもらうことができて効率が良いからです。では、普通の契約をすることはできないのかと言うと、そうではありません。ただ、普通の契約をしてしまうと、万が一、建物が期日に完成しなかった時に、貸主は借主に対して負っている使用収益をさせる義務を果たせないことになってしまいます。そうなれば債務不履行として損害賠償を請求されることも考えられます。そのリスクをこの予約契約で排除することができるのです。あくまでも、建物が完成した時に契約をするという事を予約しているだけですから、普通の契約のようなリスクはないということです。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.