賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸住宅でペットを飼うには

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
多くの賃貸住宅ではペットの飼育を禁止しており、ペット可の物件を見つけるのは難しくなっています。ペットは鳴き声や悪臭が近隣の迷惑になるほか、壁や柱をかじったり引っかいたりして部屋を傷める可能性があるため、賃貸のオーナーには好まれないのが普通です。おとなしい動物でも、糞尿や毛が風で飛ばされ、アレルギーのある住人に被害を与えるかもしれません。

ペット禁止の物件でも、鳴かない・臭わない動物ならOKという場合があります。特に水槽内で飼える動物なら、認めてもらいやすいと言われています。その例として、魚やハムスターなどの小動物、小型の爬虫類などが挙げられます。ただし管理人に黙って飼うのはトラブルの元です。きちんと相談して、許可が出てから飼うようにしましょう。

犬や猫などでも、交渉して飼えるようになったという例はあります。大手デベロッパーのマンションでは難しいですが、個人オーナーの小さな賃貸物件なら交渉の余地はあります。交渉するには、まず絶対他人に迷惑をかけないことや、建物が傷んだら弁償することを約束しなければなりません。また近隣の住人にも理解を求め、極度の動物嫌いやアレルギーの人がいないことを確認しておきましょう。

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.