賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸は出来るだけ綺麗に使おう

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸には、マンションやアパート、コーポ、ハイツ、一戸建てなどがあります。これらの賃貸物件は借主が決められた契約の中で住まいとして使っていい物件ですが、あくまでも持ち主はオーナーなので、持家とは違います。従って住んでいる時には部屋の壁や設備などを破損させないように気を付けて生活することが求められます。フローリングの床や和室の畳が、椅子やテーブルの足で傷や「へこみ」の跡がついたりするのは、絨毯やラグを敷くことで予防できます。自炊する人だとキッチンは特に汚れが激しくなりがちな箇所です。水垢や油汚れなどをこまめに掃除して使うことで、だいぶ綺麗に保てます。

そうして綺麗に使うように努力していれば、退去する時には敷金が返金されます。敷金は入居する時にオーナーに「保証金」として預けたお金です。家賃6万円の賃貸に住んでいて入居時に敷金2カ月分を支払ったなら、退去するときには12万円が戻ってくることになります。12万円も戻ってくれば、だいぶ懐が豊かになり、引越し資金に充てたり、新居で使う家具や家電を新調することも可能です。しかしあくまでも綺麗に使ったらの話です。汚れが激しく入居時とだいぶ違う部屋になっている場合は、敷金が一銭も戻ってこない事もあります。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.