賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸マンションで暮らすことで住宅手当を支給してもらっている事

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
昨年の夏に主人が転職し新しい企業で働くことによって、私たち夫婦にとって人生で初めてとなる住居手当を支給してもらえるようになりました。1ヶ月支払っている賃貸マンションの家賃の金額を会社に申請する必要がありましたが、家賃に応じ1ヶ月の家賃補助の金額が3万ぐらいまで支給されるということを主人から聞いていたため、躊躇することなく1ヶ月に支払っている家賃の金額を申請することができました。私たち夫婦が現在暮らしている賃貸マンションの家賃は月7万円のため、現在1ヶ月に2万円の住宅手当が支給されるようになり、月5万円の自己負担で暮らすことができています。

住居手当を3万円支給してもらうためには、1ヶ月に支払う家賃の金額が10万円以上の人が対象となるため、我が家は全く該当しませんでした。家賃補助が支給される企業に主人が転職したことにより、今までより生活することが非常に楽になることができたため、主人は自分のスキルを活かした良い転職先に巡り合うことができたと思います。働く企業により様々な手当が存在すると思いますが、家計を預かる主婦として住居手当の存在は非常に有難く、生涯賃貸マンションに住み続けるあたり継続して欲しい手当だと感じました。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.