賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸の家賃は交渉次第で安くなる。

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸の家賃は、交渉次第では安くしてもらえる可能性が高いです。なぜかというと最近は、需要に対して供給がかなり過多になっているため、大家にとって空室問題がかなり深刻になっているからです。ダメもとでも一度交渉してみる価値はかなりあります。空室のままで長い時間が過ぎると、その分大家にとっては痛手になります。若干家賃を下げることで、住人が入ってくれるなら、全く収入が入らない空室にしておくよりずっとメリットがあります。

2009年から日本の人口は減少に転じ、それから賃貸の供給過多が始まりました。それでも建設し続けたため、現在空室率は2割近くに上っていると言われています。少しでも空室をうめるためには、家賃を下げるしかありません。特にワンルームは競争が激しく、地方であれば1万円台も普通に見つけることができて、また都心でも2万円から3万円位の部屋も以前より多くなっています。また敷金、礼金なしという物件も多くなっています。

あの手この手を使って、大家たちは空室をうめるために努力しています。家賃交渉なんて、よほど何か欠点がある物件でなければ、なかなかできないものでしたが、現在は違います。まず、一度は家賃交渉をしてみましょう。

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.