賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸の住まいでチェックしたい通気口

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸の物件を借りたら、何となく冷たい空気が流れてきて気味が悪い…という経験がある人もいるのではないでしょうか。これは単に通気口の場所によるものです。これを知らないと、「なぜかこの部屋に入ると寒い気がする」「冷たい風を背中に感じる」など、得体の知れない現象に踊らされてしまいかねません。何も特殊な現象ではなく、通気口が背中側にあったり、直に風が当たるような位置にあったりするだけなのです。2003年に建築基準法が改正され、シックハウス対策のために通気口が義務づけられたので、新しい住宅には必ず通気口がついています。

24時間、部屋の換気をするための通気口なので、これを塞いでしまってはよくありません。冬場などはどうしても冷たい空気が入ってきてしまいますが、ソファーなどの家具を置いたりなどして上手に冷気を遮りましょう。通気口自体を塞がないよう、冷気の通り道に家具を置くようにするといいでしょう。最近のマンションは気密性が高いので、この通気口を塞いでしまうと結露も発生しやすく、よくありません。入居する前に通気口の位置を確認して、家具で空気の流れを遮れるかどうかというのもチェックしておくのがベターだと思います。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.