賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

原状回復義務がないリフォーム可の賃貸物件

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
築年数が多い賃貸物件は、借り主が自由にリフォームできることがあります。そういった物件では、契約書にも明確に、原状回復の義務なし、と書いてあることが多いです。入居前に大家さんとどの程度リフォームして良いか、退去時はどうするかを話し合っておき、文書にしておけばトラブル回避になります。先日テレビでも、自由にリフォームできる賃貸物件を紹介していました。どれも築年数が経った建物ばかりでしたが、リフォーム可にしたとたん、入居希望者が一気に増えたようです。紹介された物件では、契約書に原状回復はしなくて良い、ときちんと書いてありました。

私の知人も、最近都市部の集合住宅に入居しました。築三十年以上たっていますが、リフォーム可という条件に魅力を感じて入居したそうです。知人の場合、間取りこそあまり変えていませんが、壁やキッチンなどは大幅に変えました。今はすっかり、知人好みの空間になっています。契約書にはやはり、借り主には原状回復の義務がないことが明記されています。近年、リフォーム可能物件は増加傾向にあるようです。もしも入居するなら、どの程度変えられるか、原状回復義務はどうか、事前の話し合いと契約書がしっかりしている物件を選ぶと安心です。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.