賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

賃貸物件の間取りと住み心地

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
賃貸物件では、分譲マンションからアパート、一軒家まで様々な賃貸物件がありますが、その中で隣の部屋との関係で住みにくいという場合も結構あります。以前体験したことの中では、マンションで上の階に住んだ時に、遅い時間に風呂に入り、その後お湯を抜いたところ、次の日に下の階の人から苦情がありました。水が流れる音で一晩中寝られなかったということですが、一晩中はオーバーですが、確かに集合住宅では、そのようなこともマナーになります。特に配管を水が流れる音などは賃貸マンションでは防音設備が整っていない場合がありますので、トイレは仕方がないにしても、できるだけ夜中は静かにしていないといけないとなります。色々な人がいますから特に神経質な人の場合は注意が必要です。

また性格で我慢してしまう人の場合には、我慢ができない限界まで我慢をしてしまいますので、迷惑がかかっているということさえわからない場合もあります。私もそのような体験が両面でありましたが、特に都会はどうしても住まいが接してきますので、そのようなトラブルが起きないように気をつけないといけないということになります。間取りでも隣とトイレがくっついているような場合には音のことも気になります。そのように自分の部屋だけではなく階下や隣との関係も注意して物件を選ぶのが良いのではないかと思います。

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.