賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える

時代の変化による持ち家の魅力のバランスと賃貸の関係について

賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える
一戸建ての家は昔も今も魅力的な存在に変わりはありません。しかし、昔と今では取り巻く状況が違うこともまた事実です。それによりその変化した状況と、一軒家を所持する魅力のバランスが微妙に崩れ、一軒家が理想の一択から、賃貸こそメリットがあるという背景も出現したと言えるでしょう。その一つに労働形態も大きく影響があると言えます。昔のように終身雇用が保証されない状況においては、収入の変動はローン返済に直撃することもあり、より柔軟性を持つ賃貸の方に魅力が傾くことは当然です。賃貸は現代社会では、むしろ則したあり方と呼べるかも知れません。

また、少子化も大きな影響の一つでしょう。子供が沢山いるからこそ部屋の多い一軒家の魅力が開花するとも言えますが、少子化ではそれ程部屋数が不要ですから、そこでも需要条件が目減りしたことになります。そして大きくなった子供が独り立ちした場合、現代では明らかに核家族化が進んでいますので、老後の一軒家では日常レベルでも負担が増えるだけであり、そこでもそのメリットが薄くなります。これら薄くなった一軒家の保有の魅力が、そのまま賃貸に移行したと言えるでしょう。総合的に考えましても現在において賃貸住宅は、とても理にかなった生活環境です。

Pick Up

Copyright (C)2017賃貸住宅を選ぶ時は大きな川と海の近くは控える.All rights reserved.